名古屋タクシー協会概要
名古屋タクシー協会は、一般乗用旅客自動車運送事業(タクシー事業)の公共性に鑑み、タクシー事業の健全で調和ある発展と民主的運営並びに経営の合理化に資し、もって社会公共の福祉に寄与することを目的として活動を行っています。
ご挨拶

 名古屋タクシー協会はタクシー事業の使命である、安心・安全な輸送とサービスの向上のために昭和26年に発足いたしました。タクシーは電車やバスのような大量輸送機関にない、「24時間365日、いつでも、どこでも」ご利用いただける機動力を持った公共交通機関として、また近年は福祉・介護の手助け、子供の見守り、徘徊老人の探索、捜査当局・自動車安全技術開発企業へのドライブレコーダーの映像情報の提供により、事故の減少・犯罪の監視予防や早期解決などの社会・地域への貢献と、タクシーの果たすべき役割はますます重要なものとなります。名古屋タクシー協会では公共交通機関としてのみではなく、社会・地域貢献の一旦を担い、皆様に親しまれ、お役に立てるよう全力をあげて努力を続けてまいります。

協会概要
名古屋タクシー協会
昭和26年5月28日
名古屋市昭和区滝子町30-16
愛知県自動車会館
TEL(052)871-0601 FAX(052)871-8715
ホームページ:http://www.meitakyo.com
会  長 天野 清美(つばめ自動車株式会社 社長)
副会長 石川 優(朝日タクシー株式会社 会長)  河原 英穂(名鉄交通第三株式会社 社長)
一般乗用旅客自動車運送事業の健全な運営及び発展に資するための調査研究並びにその対策
資料の収集及び統計の調整配布
関係諸官庁との連絡及び通達事項の徹底
タクシー専用駐車場の設置並びにその運営
従業員の指導、育成並びに表彰
運転者登録業務並びに乗務員証発給業務
その他この協会の目的を、達成するために必要な事項
法人タクシー・個人事業者・個人タクシー計136会員
中地区部会:11会員 東地区部会:18会員 西地区部会:20会員
南地区部会:17会員 北地区部会:23会員 個人タクシー部会:8会員
福祉タクシー部会39会員
(法人24会員・個人15会員)
会長1名・副会長2名・専務理事1名・常務理事1名・常任理事20名・
理事27名・監事2名・相談役3名
総務委員会・経営委員会・広報委員会・交通環境委員会・労務厚生委員会・
福祉関連委員会・地域対策特別委員会
(社)全国タクシー・ハイヤー連合会
中部タクシー協会連合会
名古屋駅構内タクシー営業会
Copyright 2016 名古屋タクシー協会 All Rights Reserved