建中寺
慶安4年(1651)尾張二代藩主光友が、父義直の菩提寺として創建し、以降、尾張徳川家の菩提寺となった浄土宗の寺、本堂裏には、県文化財指定の権現造りの霊廊があり、歴代藩主の位牌を安置。慶長5年造営の山門は三間一戸の様式による重層楼門。
とじる